HOME > 二世帯/三世帯リフォーム

二世帯リフォームで
にぎやか家族になろうよ!

お客さまの想いや環境に合わせてプランニング
モアリビングの二世帯/三世帯リフォーム

二世帯/三世帯住宅のカタチは、家族の数だけあると言えます。どこを別々にして、どこを共有するのか。家族の想いやお住まい環境で内容も大きく変わってきます。モアリビングには、二世帯/三世帯リフォームを成功に導くノウハウがあります。ひとつ屋根の下、家族みんなが気兼ねなく、ずっと快適に暮らせる住まいづくりをお手伝いします。

あなたの希望はどのタイプ?
基本の3タイプをご紹介します

type1 一部共有型

玄関は共有
浴室は共有
キッチンは別々

「一部共有型」とは、基本的には分離していますが、一部を共有するタイプです。例えば、玄関、浴室、トイレ、洗面などは共有で、キッチンやリビングダイニングだけは別々というタイプです。一部共有型は二世帯リフォームの中でも最も多いタイプです。生活時間(食事をする時間、テレビを見たりくつろぐ時間、起床する時間など)やライフスタイルが異なるため、キッチンやリビングダイニングはそれぞれの世帯で思い思いに作るケースが多く、それ以外は予算の関係もあり共有にするというタイプです。

一部共有型はモアリビングでも実績多数!

リフォーム画像スタイリッシュなLDKと部分同居スタイルの二世帯住宅

リフォーム画像小世帯向けにキッチン&洗濯機を増設 家事が楽に

他の事例を見る

type2 完全共有型

玄関は共有
浴室は共有
キッチンは共有

「完全共有型」とは、寝室、個室などのプライベートルーム以外をすべて共有するタイプです。二世帯リフォームの中では最も費用を抑えることができますが、プライバシーの問題でストレスが溜まることも聞かれます。また、息子夫婦同居、娘夫婦同居によっても内容は大きく異なり、考えなくてはならない問題も変わってきます。完全共有型のプライベートルームは、親世帯が1階、子世帯が2階といったケースが多く見られます。

type3 完全分離型

玄関は別々
浴室は別々
キッチンは別々

「完全分離型」とは、玄関を分けたり、キッチン、バス、トイレ、洗面なども2つ設置するなど、共有スペースを作らずに、完全にプライバシーを尊重するタイプです。建物が1階2階と上下につながっているけど、外階段をつけて直接2階に行けたり、建物は横同士だけど玄関の扉が2つあったりと、それぞれの住環境は別々という形です。光熱費も別々にすることが多いタイプです。

息子夫婦同居娘夫婦同居の違い
気をつけたい配慮とプランニング

息子夫婦同居と娘夫婦同居の違い
気をつけたい配慮とプランニング

子世帯の奥さまが新しく家族に加わる息子夫婦同居では、2人の主婦がお互いに気兼ねなく暮らせるように、家事スペースはきっちりと分離することが基本となります。息子夫婦との同居の場合には「家事を分担」、娘夫婦の場合は「家事を協力」しやすいようなプランニングが大切です。まだ検討中だけど、もっと詳しく知りたい方はご来店いただいてのご相談がおすすめです。

親世帯・子世帯、それぞれの本音を私たちに
語っていただくことが二世帯リフォーム成功の秘訣です

  • モアリビングスタッフ
  • モアリビングスタッフ

二世帯リフォームで一番多いトラブルは「自分の要望が言えない」ということです。私たちモアリビングでは、数多くの二世帯リフォームのご相談をいただいてきましたが、「本当は間取りを変えてほしい」、「洗面を2つ作ってほしい」など、お打ち合わせの終盤にどなたか一人からポツリとお伺いすることがありました。まだ、お打ち合わせの途中であれば良いですが、「間取りを変えてほしかった」、「洗面を作ってほしかった」など、工事が終わってから不満が出てしまうと、親世帯、子世帯ともに幸せなことではありません。

ご両親が費用を出資して二世帯リフォームを進めている場合、子世帯はなかなか要望を言えないものです。特に息子さまのご両親と同居する場合、息子さまの奥さまは伝えたいことがあっても切り出せないことが多いように思います。また、逆に子世帯が主導で二世帯リフォームを進めている場合も同様に、親世帯が言いたいことがあっても言えずに我慢しているお話も聞きます。

それでは、どうしたらお互い不満を抱えずに二世帯リフォームを成功させることができるのでしょうか?親世帯、子世帯の交流が元々頻繁で関係ができあがっている場合は、「ご家族でよく話し合う」ことで解決できると思います。しかしながら、そのような方は少数派ですので、私たちは「各世帯ごとに弊社の担当者に話をする」と言うことをご提案しています。その上で、親世帯と子世帯で集まっていただいて、プレゼンテーションの説明、設備選び、仕様選びなどを進めていきます。

お打ち合せの初期の段階で各世帯ごとで本音をお伝えしていただくことにより、各世帯の想いを汲みとって住まい創りに反映していきます。もしかしたら、お互いの要望はすべて叶えることはできないかもしれません。でも、言えずに我慢しているより、誰かに伝えることで「あの時話をしておけばよかった・・・」など後悔することはないと思います。お時間はかかるかもしれませんが、最初にそのステップを踏むことで、お互いに"わだかまり"もなく、楽しい住まい創りができます。

登記や相続、贈与など...法律やお金にまつわるアレコレもお任せください!
Law and Money

モアリビングでは経験豊かな、税理士・弁護士・司法書士による個別のアドバイスをさせていただいています。知っている知らないで大きな金額の違いを生んでしまいますので、リフォームの計画の前に、贈与、相続について、専門家による相談をおすすめしています。(専門家による手続き・訪問など一部有料となる場合があります。)

TOPへ